避雷針について

ビルのリフォーム

避雷針は雷を避ける針ではないのです

避雷針設備とは、建物を落雷から保護する設備のことです。雷を避ける針という表記があるために、一部では誤解している人がいます。雷を避けるための設備というよりも、逆に雷を呼び寄せて地面に導くことにより、建物と建物に付随している電気設備などを守るのです。建築基準法では、高さが20mを超える部分を保護することが、避雷針設備の設置基準とされています。広告塔や煙突などの工作物でも適用の対象とされ、国土交通大臣が定める工業規格にすることが求められているのです。20mを超えた場合には、法的に避雷針設備を設置することが求められていますが、20m以下の場合は法的には何ら規定はありません。しかし、20mに満たない建築物だからといって、落雷しないというわけではないのです。条件や環境によっても変ってきますが、例え低層な建物でも落雷の危険性はあります。

設置工事は専門業者に依頼すべきです

避雷針設備の工事や検査ならば、専門の業者に依頼するのがベストです。既に設置がしたある場合でも、ちゃんと機能しているかどうかは、検査が必要になります。経年劣化により断線している場合など、色々なことが考えられるからです。店舗にしても住宅にしても、家電のない家はありません。どこのご家庭でも、何らかの家電があるはずです。落雷によって、電気設備が使用不可になるという可能性は、どこの家にでもあるのです。しっかりと検査を、してもらえるのなら安心できます。もしもまだ避雷針設備がないのならば、この際に設置してもらったらいかがでしょう。落雷は、予想が難しいだけに避けるにはそれなりな準備が必要なのです。それが、避雷針設備に他なりません。起こっていないことに対して、費用をかけるのはためらわれるでしょうが、保険をかけたつもりになって安心を手に入れましょう。






このエントリーをはてなブックマークに追加